サービスやシステム導入による業務の安定化と費用削減

様々なオフィス

人事給与システムの導入

人事給与システムの今後の動向より

人事給与システムに必要なことは、人事に関する情報を管理することと、給与といった人件費を計算し管理することになります。 人事として必要なことは個人情報を管理するということです。そして活用することが大切となります。 情報を貯めておくだけではなく、人材活用に活かすということです。人を活かして価値を生み出すためにも組織をつくり適材適所に配置することにあります。 そのための情報として個人の能力や技能を人事給与システムで管理することが必要です。 給与に関わる部分についても、人事制度と連携する必要があります。給与体系や各種手当の管理を行うことです。 また税金や社会保険といった計算を行えることが必要で、社内の基準と公的な基準に合わせられることが必要となります。

人事給与システムの注意点について

人事給与システムに必要なことは法律に準じて行うことです。 例えば労働基準法に定められている内容があります。 賃金支払いには通貨で支払うこと、労働者に直接支払うこと、全額を支払うこと、毎月最低1回支払うこと、一定日に支払うことが条件とあります。 人事給与システムを構築する上ではこのような法律に準拠した仕組みを作ることが前提となります。 社会保険や源泉税についても同様ですが、これら計算は社会情勢によって変わることがあります。 また社会保障に関する新しい制度や今後起こりうる新しい制度についても対応することができなければなりません。 人事給与システムにはそのような柔軟性も併せ持っておく必要があります。 法律を守って対応すること、そしてその変化に対応できることが大切です。