サービスやシステム導入による業務の安定化と費用削減

様々なオフィス

工数管理とは

工数管理は何のために行うものであるか

工数管理という言葉は様々な業種で使用される概念ですが、一般的にはコストや採算性、生産性などを管理するための概念として利用される管理のための単位として理解されています。この様な工数管理は管理者側が現状を評価するために使用しますが、適切に活用されなければあまり意味のある数字にはなりません。産業としての損失を最小限に抑え、利益を最大化するための管理に必要不可欠な要素であると言えますが、それを上手に活用して行くためには現場における感覚に近い基準で評価して行く必要があるでしょう。管理者側の独断で評価をしていては現実から乖離した指標にしかならず、現実的には役に立ちません。役立てるためには現場で活用できるものにする必要があるのです。

工数管理を行う事で見えてくるもの

工数管理は業務改善を行う場合にも重要なものであると考えられています。現場から報告された作業工数と作業工程を見直すことにより問題点と改善点が自然と浮き彫りになっていくというのが価値のある工数管理であると言えるでしょう。その工程を改善することでどれだけのメリットが見込まれるかが分かれば、その業務改善のためにどれだけの金額を投入して改善することが出来るかが見えてきます。高度なシステムや機械も時間の経過とともに価格が下落方向に向かう傾向を見せるのが一般的ですので、その時々で最も適切な設備投資等を検討することが望ましいと言えます。時期が変われば工程改善のためのコストも変わりますので、定期的に見直しを検討するのが良いでしょう。